本文へ移動

(特殊)塗料紹介

我が家にはどんな塗料が合っているの?
そんな悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
そんなあなたの為に・・・
 
建物に最適な塗料をご提案させて頂きます。
近年、建築物も様々な様式が増え、塗料も施工方法も多様化しています。適切な処理を行わずに塗装を行うと、剥がれ・膨れ等の原因となってしまいます。

あなたの家はどのような外壁ですか?

サイディングパネル画像
《サイディングパネル》 
 耐火性に優れ、多くのハウスメーカーで標準仕様となっています。
最近では新築の75%が窯業系サイディングで建築されているようです。一概には言えませんが、サイディングパネル自体は、割れたりヒビが入ることは少なく、塗替えを希望される方の多くは、汚れが目立ってきた、目地のコーキングが劣化してきた、と言った理由です。
        
モルタル画像
《モルタル・リシン・スタッコ》
砂(鎖骨材)とセメント、もしくは樹脂を練り混ぜて作った材料です。落ち着いた風合いの仕上がりで、非常に丈夫なイメージのある材質ですが、材質自体の防水性は低く、ヒビ割れを発生させやすい外壁材です。
リシン画像
リシン画像
スタッコ画像
スタッコ画像
スタッコ2画像
スタッコ2画像
ヒビ割れ画像
ヒビ割れ画像

こんな悩みはありませんか?

外壁の汚れ画像
外壁の汚れ画像
シーリング劣化画像
シーリング劣化画像
外壁のそり
外壁のそり
コケ・カビ
コケ・カビ

あなたの家はどのような屋根ですか?

カラーベスト・コロニアル
《カラーベスト・コロニアル》セメントと石綿(アスベスト)を85:15の割合で混合して作られた厚さ4.5mmの薄い瓦です。(砂(鎖骨材)とセメントもしくは樹脂を練り混ぜて作った材料です。(メーカーにもよりますが2004年頃までの製品にはアスベストが混入されています。)
耐火性・耐久性・安価という面では優れた屋根材と言えます。
セメント瓦・モニエル瓦
《セメント瓦・モニエル瓦》◄写真はモニエル瓦 輸入住宅や洋風住宅、南欧風の家に多く使われるセメント製の瓦。 モニエル瓦はセメント瓦にスラリー層という特殊な表面処理で仕上げた瓦です。塗装が密着せず剥がれてしまうといったトラブルが全国で多発しましたが、近年ようやく工法が確立されました。塗装を行う際は下地処理を充分に行わなければなりません。
和瓦・陶器瓦
《和瓦・陶器瓦》一般的には塗装は行いません。
日本の在来住宅で多く使用されてきた粘土瓦。そのほとんどは表面に釉薬(ゆうやく)を使った陶器瓦です。釉薬によって様々な発色が可能なので、色瓦と呼ぶ地域もあるようです。
 屋根自体には塗装の必要性はありませんが、屋根の取り合いに詰めてある漆喰工事は定期的に必要になります。雨漏りを起こす前にメンテナンスを行いましょう。

こんな悩みはありませんか?

コケ・カビ
コケ・カビ
反り
反り
雨漏り
雨漏り
夏の2階の暑さ
夏の2階の暑さ
0
6
6
0
5
5
TOPへ戻る